pdmk0830のブログ

妻のパーキンソン病との闘いと、その介護の日々の生活の記録

家内の幻視がさらに強くなってきたのだろうか?

一人でいるとき、幻視を見ることが多かったが、
私と一緒にいるときも幻視が多いようだ。


今日、私が午後1時過ぎに帰宅したとき、
家内は1階のトイレを使わずに2階のトイレだけを使ったとのこと。
なんと、1階のトイレはいろいろな人の待ち行列になっていたらしい。
私が、「そんなことあり得ないよ!」と言っても、
家内にははっきり見えるので、頭では分かっていても気持ち悪いと言う。


こんなこともあった。
「お父さんの傍に長い髪の女性がいるけど、誰なの? 雇ったの?」
私は、「えっ! 何処にいるの? 私も見てみたいな。 でも、いないよ!」と言うと、
「ほら、直ぐ傍に立っているじゃない!」と返ってくる。
私は背筋が寒くなった。


主治医のお話では、薬の服用で、
幻視を抑えようとするとPDが酷くなり、
PDを改善させようとすると幻視が強くなるらしい。


家内のPDの症状は、
・幻視が見える
・左腕や左手が震える
・右腕や右手も若干震え始めている
・猫背で体が左に傾斜している
・食事のとき、左腕が痛む
・立ち止まると固まることが多い
・寝て起きるとき、脇腹に激痛が走ることがたまにある


これらの苦しみは、
これから先、一生つきまとうことになるのだろうか?
車椅子生活になった場合を考えると、
これらの苦しみを少しでも軽減しておきたい。
QoLをこれ以上下げたくない。


そして、私もダウンしないように気を付けなければいけないぞ!

家内と一緒に喜んだ!


今日、塩漬け状態だった株が、会社の業績も良く、将来性の高い材料もあることから、ストップ高となった。

どこまで上がるんだろう?

家内と一緒に大喜び!

待った甲斐があった!

リハビリ記録20170914PM(61)

今朝も痛みもなく、夜中に2回、トイレに起きたが、
よく眠ったようだ。


当たり前のことだが、昼食もとり薬も飲んだ。
そして、午後から17時までリハビリ。
調子がよいとは言えないが、
休まずに行けた。
(不在時もエアコンは付けっぱなしだった。
 これからはタイマー設定をしておこう。)


私が18時に帰宅したとき、
「お帰りなさい!」の応答もなく、
固まっていた。
やはり、リハビリで疲れたのだろう。


夕食時、家内が好きなビールを飲み、
調子を取り戻した。
食欲もあり、よかった。


明日はフリーの日。
午後半日休暇を取って、家内を外へ連れだそう。


長期目標:
  自身のことは自分でできる日常生活を送ることができる
短期目標:
  筋肉のこわばりが改善し家事などの日常動作がスムーズになる
  (横歩きに自信が持てる)
  (安全にトイレの使用ができる)
  (物を掴みあげる/しゃがむ/立ち上がり などの動作がスムーズにできる)
  (起立状態で後方に振り返ることができる)
具体的な援助計画
  軽い負荷のマシントレーニングで不活動筋に刺激を与え、日常動作の安定を図る


血圧・脈拍・体温:
  リハビリ前118/62・56・37.0
     (熱が籠っている : 脱水症状)
  リハビリ後167/82・58・-


マシントレーニング:
  ローイング/姿勢改善、肩甲骨周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグプレス/起立・着席動作改善、足・膝・股関節周囲の安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  チェストプレス/体を支える動作、肩関節・胸郭の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  ヒップアブダクション/歩行安定性向上、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  トーソフレクション/起立・着席動作改善
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグエクステンション/起立・歩行安定、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (7.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
体操:       20分
太極拳:      15分
口腔体操:     5分
個別機能訓練: 15分

在宅・訪問リハビリ記録20170913PM(32)

今日は夜中の2時半頃トイレに行ったが、痛みも走らず、
また朝まで計7時間ほど眠れた。
私は6時間弱で、若干眠かった。


昼食もとり薬もきちんと飲んでいた。
理学療法士さんが見えたときは、
調子がよかったようだ。


立ち座り歩行も良好。
シンクにつかまり、つま先立ちと顔あげを繰り返し3分間実施。


鏡にテープを貼り、
 タテ: 頭~臍~膝
 ヨコ: 肩の高さ
で姿勢を整える。


体温:36.2度
血圧:134/76mmHg
脈拍:56/min.
SpO2:97%


私の帰宅時は、疲れ気味で少し固まっていたが、
「お帰りなさい!」
の声は聞けた。
安心した。

気持ちをアクティブにさせてあげたい

夕べは22時前に寝て、夜中2時頃トイレに行き、
家内は今朝5時半に起きた。
特にひどい痛みもなく、スムーズに眠れた。
家内も私もスッキリした気分。
これが続いてくれると楽になる。


家内は、今日はフリーな日なので、
前から予定していた午後半日休暇を取ってショッピングに付き合った。
下着売り場だが、あーでもない、こうでもないと、時間がかかる。
一応、そのつもりで来たので気にならない。


やはり、買い物となると疲れをあまり感じないようだ。
気に入った物が見つかるまで粘ること粘ること。
ある程度は疲れたようだが、固まることもなく、
お望みの物を買うことが出来た。
(感想:・・・女性用の下着がこんなに高いとは思わなかった・・・)


リハビリやジムだけの生活が中心ではつまらない。
それは同感。
それにしても、この半年間で病状がかなり進んでしまった気がする。


家内は元気な頃、友達とよく銀座へショッピングに行っていた。
何度か私も付き合ったことがあったが、
気に入るまであちこちに連れ回されたので、
苦い思い出しかなかった。


しかし、今は家内の気持ちを考えると、
投げやりな態度を取ったりすることもあるので、
私が積極的にショッピングに連れ出して
気持ちをアクティブにさせてあげたい。