pdmk0830のブログ

妻のパーキンソン病との闘いと、その介護の日々の生活の記録

6年前の今日、あの時、家内と私は?

2011年3月11日午後2時26分、東日本大震災発生。
あの時、東京は震度5で、
私は会社で仕事中。
家内はジムの帰り、友達とイタリアンレストランで食事中。


会社の皆は仕事を中断して情報収集。
三陸沖マグニチュード9.0、最大震度7!
家内や田舎そして親戚と全く連絡とれず。
数時間後、ラジオから入ってくる情報は、
津波被害で死者多数とか、火災発生とか、
大変な事態に陥っている情報ばかり。


地下鉄も動く気配が全くなく、
歩いて帰る人、ホテルに向かう人、車で帰る人など、
道路は大渋滞。


午後7時頃、私は同僚と約30km先の我が家まで歩くことに。
歩いて帰る人が道に溢れていたが、
互いに励まし合い、情報交換し助け合いながら歩きに歩いた。


途中、コンビニでトイレを借り、食料を仕入れようとしたが、
飲み物や食べるものが殆どない。
街角の自動販売機で買いながらかろうじて空腹をしのいだ。


また、何度も電話をかけたが不通状態。
家内や自宅の方も心配だったが、
震度7で倒壊、火災、津波被害の情報ばかりが入り、
田舎の方が本当に心配だった。


やっとの思いで家に辿り着いたのが夜中の2時過ぎ。
7時間も歩いた。


一方、家内は大きな地震に驚き、直ぐ帰宅。
幸い、家、家具や食器は異常なかった。
電話するも、何処も全く通じない。
テレビを見ると悲惨な情景ばかりが報道され、
大変心配したらしいが、
夫である私が歩いて無事に帰ってくると信じ、
それ程心配していなかったようだ。


夜中の2時頃、家に着いた時、家内は、
リビングルームでテレビ報道を見ながら私を待っていた。
改めて画像で見た情景は驚くことばかり。


2日後、田舎の甥っ子から電話があり、
食器類は壊れたが、家族や家などは全て大丈夫とのことだった。


しかし、さらに日本の運命を左右する非常事態が起こっていた。
そう、福島原発の津波被災による非常事態発生。
罷りまちがえば、関東全体も避難地域に。
後で故吉田所長の手記を読んで ぞっ! とした。


家内と南三陸町の被災した防災対策庁舎を訪れ、手を合わせた。


あれから6年。
復興もなかなか進まないようだ。
国のやるべきこと、我々のできること、
いろいろな知恵を出し合って復興支援を続けよう!


ところで、
家内はこの頃は、パーキンソン病の兆しは全くなく、
活動的だった。
あの頃の家内の笑顔は私を元気にさせた。


そして今、このような状態が待ち受けているとは・・・
家内の悔しさが伝わってくる。
家内の気の強さで、
PDを受入れ、笑顔と元気を取り戻して欲しいものだ。

リハビリ記録20170309PM(19)

夕べは悪夢を見ないで済んだようだ。
家内の将来に対する絶望感が伝わってくる。が、
とにかく、全てを受入れて今を生き抜くようにするしかない。

Spring has come!
綺麗な花や桜を愛で、
あちこちに出かけよう!


今日のリハビリもいつも通りに受けられたとのこと。


リハビリ記録20170309PM(19)
長期目標:
  自身のことは自分でできる日常生活を送ることができる
短期目標:
  筋肉のこわばりが改善し家事などの日常動作がスムーズになる
  (安全にトイレの使用ができる)
  (物を掴みあげる/しゃがむ/立ち上がり などの動作がスムーズにできる)
  (起立状態で後方に振り返ることができる)
具体的な援助計画
  軽い負荷のマシントレーニングで不活動筋に刺激を与え、日常動作の安定を図る
血圧・脈拍・体温:
  リハビリ前124/68・48・37.8/37.0
  リハビリ後153/81・49・-
マシントレーニング:
  ローイング/姿勢改善、肩甲骨周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグプレス/起立・着席動作改善、足・膝・股関節周囲の安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  チェストプレス/体を支える動作、肩関節・胸郭の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  ヒップアブダクション/歩行安定性向上、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  トーソフレクション/起立・着席動作改善
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグエクステンション/起立・歩行安定、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (7.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
体操:    20分
太極拳:   15分
口腔体操:  5分
個別機能訓練:15分
感想:
短期目標、長期目標に近づくどころか、遠ざかっているようだ。
やはり、PD進行を遅らせるだけしかないか?


昼食後の散歩で見た今日の河津桜並木が綺麗だった。
人が通り過ぎるのを待ってパチリ!

在宅・訪問リハビリ記録20170308PM(8)/家内が怖い夢を見た

今日の朝3時前、家内が怖い夢を見たらしい。
家内の悲鳴で私も目を覚まし、
初めてのショッキングな出来事があった。


家内:『ウワァー!ウワァー!』
『どうしたの? お父さんだよ!』
家内:私を指さしながら『この人が悪い!』
『お父さんだよ!私だよ!』
家内:『お父さんが悪い!早く警察呼んで!』
しばらく、家内に声をかけながら落ち着かせようとした。


そして、家内は、私をじーっと見つめながら、正気に戻り、
家内:『お父さん、どうしたの?』
『えっ!それはこっちのセリフだよ!怖い夢を見たの?』
家内:『夢を見たようだけど覚えてないわ!』
『お父さんがいじめている夢でも見たの?』
家内:『私、何を言ったの?』
一部始終を話した。
家内:『続きの夢を見ないようにしないとね。』
家内も少し衝撃を受けたようだ。
これも、薬の副作用による幻覚なのだろうか?


複雑な気持ちだった。
一瞬、薬物中毒のことが脳裏をかすめた。
訪問看護センターの担当の方に連絡し、
過去の事例を聞いたが、今までにないとのこと。
ケアマネージャさんにも伝えて頂いた。


家内の辿る道を覚悟はしていたが、
今回のようなことは初めてだったので、
衝撃を受けた。
どのようなことが待ち受けているのだろうか?
情報を仕入れておこう!


在宅・訪問リハビリ記録20170308PM(8)


体温 36.3 ℃
血圧 130/60 mmHg
脈拍 62/min.
SpO2 98 %


リハビリの内容:
股関節の曲げ伸ばし/ふくらはぎ・モモの筋肉
/腰伸ばし/うつ伏せで背中伸ばし
/腕の震え対策(手首のストレッチ:疲れ対策の効果)


今日の訪問リハビリでのアドバイス:
1)足と手のストレッチの継続
2)床への座り方や起き方などの動作をスマートに行う練習の継続
  先ずは足を伸ばすこと
3)水分が不足気味、小まめに水分を!

訪問看護20170307(2)

今日は訪問看護2回目で、
看護士お二人が見えた。
神経内科医からの指示書に従って
訪問看護センターの看護士さんに
家内の調子を看ていただいている。


看護士さんの役目は、
患者の普段の生活の様子を見ながら
生活改善のアドバイスをし、
神経内科医とのパイプ役も引き受けてくれ、
しかも、24時間体制で対応。


私の不在時にも
家内からのコールに即対応可能。


今日の神経内科の診察で体温が37.5度。
血液検査の結果、
風邪では無いが、熱が籠もっているとのこと。
解熱剤が処方された。
やはり、まだ脱水症状気味で、
摂水を促された。


電解水素水サーバーがあるので、
家内に勧めているが量が少ない。
大腸癌検診で2リットルの例の水を飲むのにも苦労している。


【訪問看護の目標】
日常生活動作で支障となる部分に対してリハビリを行い、
安心・安全な生活を送ることが出来ること。

【改善していきたい症状】
・身体の柔軟性
・立ち上がり、歩行などの生活動作で時折不安定さあり
・身体変化への気付けを早くすることで早期に対応、対策を練る

【看護の方法】
・バイタルサインの確認
・筋リラクゼーション
・関節可動域練習
・筋力トレーニング
・生活動作練習
・自主トレーニング指導
・環境相談、療養相談

リハビリ記録20170306AM(18)

3/2の体力測定の結果が出た。
・身長157.0cm、体重43.6kg
・握力 右19.3/左12.3kg
・開眼片足立ち(静的バランス)19.8秒
・長座位体前屈(柔軟性)22.5cm
・ファンクショナルリーチ(動的バランス)16cm
・TUG(time up go)14.78秒
・2分間足踏み(30秒×4)(持久力)平行棒76回

歩行の状態は3ヶ月前と特に変わりなし。
大きく変化したのはバランス力の向上。
持久力も上がり、歩行のスピード増す。
左手の振戦やふらつきはあるが、個別機能訓練を正しい姿勢で再確認しながら継続すること。


リハビリ記録20170306AM(18)
長期目標:
  自身のことは自分でできる日常生活を送ることができる
短期目標:
  筋肉のこわばりが改善し家事などの日常動作がスムーズになる
  (安全にトイレの使用ができる)
  (物を掴みあげる/しゃがむ/立ち上がり などの動作がスムーズにできる)
  (起立状態で後方に振り返ることができる)
具体的な援助計画
  軽い負荷のマシントレーニングで不活動筋に刺激を与え、日常動作の安定を図る
血圧・脈拍・体温:
  リハビリ前134/61・46・37.8/35.7
  リハビリ後166/84・46・-
マシントレーニング:
  ローイング/姿勢改善、肩甲骨周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグプレス/起立・着席動作改善、足・膝・股関節周囲の安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  チェストプレス/体を支える動作、肩関節・胸郭の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  ヒップアブダクション/歩行安定性向上、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  トーソフレクション/起立・着席動作改善
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグエクステンション/起立・歩行安定、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (7.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
体操:    20分
太極拳:   15分
口腔体操:  5分
個別機能訓練:15分
感想:マシントレーニングは疲れずに実施できるが、改善の実感を味わいたい。