pdmk0830のブログ

妻のパーキンソン病との闘いと、その介護の日々の生活の記録

リハビリ記録20170206AM(11)

家内のリハビリ体制がスタートし、そろそろ疲れも出て来る頃と思われる。
しかし、時々、フリーズするも何とか自力で頑張っている。
・施設への通所リハビリ ⇒ 週2回(月の午前、木の午後、各3時間余)
・訪問リハビリ ⇒ 週1回(水の午後、約1時間)
・訪問看護 ⇒ 月1回(神経内科受診日の午後、約1時間)


ジムは、
土、日は、車で午前中、私と一緒にエンジョイ。
火、金は、調子がよい時、一人・バスで午前中エンジョイ。
そして、家内が言った。
『自由な時間がなくなってしまった!』
『友達とショッピングも楽しめない!』
何だか、私が怒られているような感じ。



リハビリ記録20170206AM(11)

長期目標:
  自身のことは自分でできる日常生活を送ることができる
短期目標:
  筋肉のこわばりが改善し家事などの日常動作がスムーズになる
  (安全にトイレの使用ができる)
  (物を掴みあげる/しゃがむ/立ち上がり などの動作がスムーズにできる)
具体的な援助計画
  軽い負荷のマシントレーニングで不活動筋に刺激を与え、日常動作の安定を図る
血圧・脈拍・体温:
  リハビリ前124/71・50・37.1
  リハビリ後150/90・55・-
マシントレーニング:
  ローイング/姿勢改善、肩甲骨周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグプレス/起立・着席動作改善、足・膝・股関節周囲の安定性向上
    (7.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  チェストプレス/体を支える動作、肩関節・胸郭の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  ヒップアブダクション/歩行安定性向上、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  トーソフレクション/起立・着席動作改善
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグエクステンション/起立・歩行安定、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
体操:    20分
太極拳:   15分
口腔体操:  5分
個別機能訓練:15分
感想:
   ・いつものメニューだが、その時は疲れ知らず
   ・帰宅後の家事で疲れたようだ
     (洗濯、クッキング)
   ・改善している実感を早く家内に持たせたい

家内の友人の気持ちにジーンと来た

今日のジムは家内と私のやるメニューが異なり、終了時間も別々。
終了後、イオンで一緒に昼食を! ということで、
家内は先にイオンでブラブラ。


ジムの帰り、ロビーで家内の友人とばったり会い、
家内の元気な頃から知っているその友人は、
『昨日、久し振りに会ったので、迷惑だったかもしれないけど、
ハグしてあげたのよ。ジムで会うと嬉しくて・・・』
その友人は、家内のお話をしながら、目に涙を浮かべていた。
この友人の気持ちが有り難かった。


お風呂や着替えの時に、
さりげなく手伝ってくれる友人達がいるということは、
家内の気持ちを前向きにしてくれる。
幸い、家内は家の中に閉じこもることは少ない。
少しでもPDの進行を遅らせたい。


そして、イオンへ到着。
昼食で家内が食べたいものと私の食べたいものが異なり、
別々のお店での食事となった。
喧嘩をした訳ではない。


何しろ、血液検査がオールAの家内は
健康に気を使う必要なしと勝手に判断し、
食べ物の選択は自由自在。
私は、家内に言わせれば健康オタク、
ということで、今日はヘルシーなもの。


その後、家内が下着を買いたいということで、
女性の下着売り場に付き合わされた。
カラフルでいろいろな形の物が溢れ、
圧倒されて恥ずかしかったが、
荷物持ちという理由で、
少しは隠れ蓑になった。

リハビリ記録20170202PM(10)

長期目標:
  自身のことは自分でできる日常生活を送ることができる
短期目標:
  筋肉のこわばりが改善し家事などの日常動作がスムーズになる
  (安全にトイレの使用ができる)
  (物を掴みあげる/しゃがむ/立ち上がり などの動作がスムーズにできる)
具体的な援助計画
  軽い負荷のマシントレーニングで不活動筋に刺激を与え、日常動作の安定を図る
血圧・脈拍・体温:
  リハビリ前125/77・53・36.7
  リハビリ後139/90・87・-
マシントレーニング:
  ローイング/姿勢改善、肩甲骨周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグプレス/起立・着席動作改善、足・膝・股関節周囲の安定性向上
    (7.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  チェストプレス/体を支える動作、肩関節・胸郭の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  ヒップアブダクション/歩行安定性向上、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  トーソフレクション/起立・着席動作改善
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグエクステンション/起立・歩行安定、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
体操:    20分
太極拳:   15分
口腔体操:  5分
個別機能訓練:15分
感想:
   ・いつものメニューだが、改善の兆しが未だ見えず
     (気が早いか?)
   ・今日で10回目、
     30回目で日常動作を少しでもスムーズにしたい
   ・それにしても、筋力の衰えが目立つ

在宅・訪問リハビリ記録20170201PM(3)

体温 36.5 ℃
血圧 126/58 mmHg
脈拍 60/min.
SpO2 97 %


リハビリの内容:
  股関節の曲げ伸ばし/ふくらはぎ・モモの筋肉
  /腰伸ばし/うつ伏せで背中伸ばし


今日の訪問リハビリでのアドバイス:
  1)椅子に腰をかけてストレッチの継続
  2)うつ伏せ(約3分間)の継続
   (長時間は腰が痛くなるので注意)
  3)トレーニングは自宅、ジム、リハビリ施設で積極的に実施


家内談:
 リハビリをやった後は、体がすごく軽くなる。
 理学療法士さんの説明も分かり易く、理論的。
 これからも頑張れる感じがする。


今思うと、
3~4年前まで、
ジムでは一番前の指定席で、
(友達がいつもその場所を空けておいてくれた。)
エアロビクスやステップ、ジャズダンス、ズンバ等をしていた。
が、その頃から、
自転車に乗ると左側に寄りやすくなる と言っていた。
少しずつパーキンソン病が進行していたようだ。
それまでは、パーキンソン病についての知識は全くゼロ。
せいぜい、モハメドアリが罹っていたという位だった。


ドーパミンが出るように家内を笑わせよう!

訪問看護20170131(1)

体温 36.5 ℃
血圧 110/70 mmHg
脈拍 54/min.
SpO2 96 %


今日から月1回、
神経内科医からの指示書に従って
訪問看護センターの看護士さんに
家内の調子を看ていただくことになった。


ケアマネジャーさん、
センターの所長さんと看護士さんが来訪し、決まった。


看護士さんの役目は、
患者の普段の生活の様子を見ながら
生活改善のアドバイスをし、
神経内科医とのパイプ役も引き受けてくれるとのこと。
しかも、24時間体制。


私の不在時にも
家内からのコールに迅速に対応してくれる
という頼もしい存在だ。
夫婦喧嘩の愚痴も聞いてくれるらしい。


これで、暫くは
・通所・リハビリ(週2回)、
・在宅・訪問リハビリ(週1回)
・訪問看護(月1回)、
以上の3本のメニューで様子を見ていくことにした。


今日は神経内科の診察もあった。
幻覚はかなり減ったが、
震えが少し増えてきた。
幻覚を抑える薬は
パーキンソン病の震えを増長させる傾向にあるらしい。
脱水症状はなくなってきた。


診察の帰り、
小腹が空いた!ということで、
ちょっとお腹に・・・