pdmk0830のブログ

妻のパーキンソン病との闘いと、その介護の日々の生活の記録

今日はリンパフィットネスのみで終了

家内は、
休日メニューの「リンパフィットネス」と「かんたんエアロ」をやるつもりだったが、
リンパフィットネスの最後の方で立ちくらみがし、
危うく倒れそうになった。が、持ちこたえた。
次の「かんたんエアロ」はパスした。


体のいろいろな機能が低下してきている。
今のPDは根本的な治療ではなく対症療法のため、
指をくわえて見ているだけしかない。
いずれは iPS細胞を活用した治療が普通になるのだろうか?


今の家内がiPS細胞による再生医療で治験に参加できれば、
きっと良い結果をもたらすに違いない。
一般公募をやっているのだろうか?
是非、家内に受けさせたい。
PDが完治して、
以前のように一番前でエアロビをやる姿をもう一度見てみたいものだ。


明日はジムで家内お気に入りの例のリハビリを受ける予定。

My wife is the Ministry of Finance.

<トーストマスターズクラブでジョークマスターを担当したときのお話し>
Tonight I’m in charge of Jokemaster.


I’m working at the company every day, from early in the morning to late in the evening.
So I want more pocket money.
But, my wife said.
“I am also busy with cooking, washing, and cleaning every day. And I have to go sports gym for my healthcare everyday. So going sports gym for my healthcare is my job.”
I said, “I earn the money every month.”
She said, “I’m always helping you to earn more money every day.”
After all, my wife did not raise my pocket money.
My wife is the Ministry of Finance.
One day, I found that my wife had attached the Hermes wrist watch on her left wrist.

今日は美容院でリフレッシュ

今朝も痛みではなく、また同じ幻視で起こされた。
「お父さん、そこの長い髪の女性は誰なの?」
日中は、説明するとあり得ない話だと理解でき、見えなくなるが、
夜はなかなか消えてくれない。
レビー小体認知症が進んで来ているのだろうか?


パーキンソン病の他の患者さんと比べてみると、
家内の場合はちょっとやっかいだな と感じざるを得ない。
それは、
手の震え、すくみ足、幻視、前屈&左への傾き、
そして時々出て来る脇腹や脚の激痛、
どれ一つとってみても、家内のADL能力を低下させ、
QoLを著しく下げている。


最近では、この幻視で、家内は現実とバーチャルな世界の区別がつきにくくなってきているのだろうか?
幻視がはっきり見えるのでは、頭ではあり得ないと思っても気持ち悪いのは確かだ。
そのうち、私を赤の他人と言うようになるのだろうか?
覚悟はしている。


今日は親友の美容師Mさんにカットして頂き、染めて頂いた。
最初、Mさんは、
家内が予約の10時を過ぎても来なかったので、家内に電話したが、応答がなく、
会社にいる私に電話があった。
私も心配し、家内に電話するも応答がなく、直ぐ帰ろうか迷っていたとき、家内がやっとMさんの所に現れた。
どうやら、固まっていたらしい。


家内の持ち時間は午後2時までだったので、Mさんは急いで仕上げてくれた。
一応、家内も納得の仕上がりだった。
そして、テラスで昼食もご馳走になった。
親友のMさんは、今日の午後2時までは家内専用の貸し切りにしてくれていた。
有り難い。


家内の笑顔もすっきりしていた。
今晩は穏やかな眠りにつけると思う。


明日のジムは、休日メニューで、
  1)リンパフィットネス、2)かんたんエアロ、
  3)ズンバ、4)気功体操、5)脂肪燃焼エアロ
と盛り沢山(各1時間)あるが、
家内は、最初の1、2時間目に出ると張り切っている。
気持ちが前向きだ。いいことだ。



リハビリ記録20170921PM(63)

今朝は痛みではなく、幻視で起こされた。
どうやら寝室に人がいるらしい。
明るくしても見えるらしい。
小さな子供や髪の長い女性もいるとのこと。


触れば消えるという主治医のアドバイスも信用せず、触ろうとしない。
私があちこちを触って何もないことを強調したが、消えないようだ。


こんなことを繰り返しながら、朝食では落ち着いてきた。
朝食後の薬を飲んだことを確認後、私は会社へ行った。


家内は、午後、通所リハビリに行った。
今日は一通りのことをやったようだ。
この通所リハビリは卒業することが目標だが、
「卒業」どころか留年の傾向が強い。


私が18時頃に帰宅した時、リビングルームで横になっていた。
「お帰りなさい!」がなかった。
多少疲れたようだ。

明日は親友の美容院へ行く予定。
今日の疲れをとるために湯船にゆっくりとつかるように言った。
あっ! 今、呼び出しのチャイムが鳴ったぞ!
さてと・・・


長期目標:
  自身のことは自分でできる日常生活を送ることができる
短期目標:
  筋肉のこわばりが改善し家事などの日常動作がスムーズになる
  (横歩きに自信が持てる)
  (安全にトイレの使用ができる)
  (物を掴みあげる/しゃがむ/立ち上がり などの動作がスムーズにできる)
  (起立状態で後方に振り返ることができる)
具体的な援助計画
  軽い負荷のマシントレーニングで不活動筋に刺激を与え、日常動作の安定を図る


血圧・脈拍・体温:
  リハビリ前162/84・58・37.0
  リハビリ後156/86・56・-


マシントレーニング:
  ローイング/姿勢改善、肩甲骨周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグプレス/起立・着席動作改善、足・膝・股関節周囲の安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  チェストプレス/体を支える動作、肩関節・胸郭の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  ヒップアブダクション/歩行安定性向上、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  トーソフレクション/起立・着席動作改善
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグエクステンション/起立・歩行安定、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (7.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
体操:      20分
太極拳:   15分
口腔体操:    5分
個別機能訓練:15分

在宅・訪問リハビリ記録20170920PM(33)

今朝は何処も痛くはなく、割と調子がよかった。


昼食もとり水分や薬もきちんと飲んでいた。
理学療法士さんが見えたときも、

調子がよかったようだ。


立ち座り歩行も良好。
シンクにつかまり、つま先立ちと顔あげを繰り返し3分間実施。
タオルを使用しての体操を実施。


鏡にテープを貼り、
 タテ: 頭~臍~膝
 ヨコ: 肩の高さ
で姿勢を整える。
食事の時に鏡を置いて自分の顔を見るようにするのも一方策。
(姿勢をよくする。)


体温:36.5度
血圧:116/58mmHg
脈拍:53/min.
SpO2:97%


私の帰宅時は、疲れ気味ではあったが、
「お帰りなさい!」
の声は聞けた。