pdmk0830のブログ

妻のパーキンソン病との闘いと、その介護の日々の生活の記録

20180209  ノウリアスト錠(20mg)の効果は?

今日は、夜中のトイレが2回で、
幻覚や幻視はなかった。
ただし、ウェアリングオフ現象の改善は未だ感じられない。


ノウリアスト錠(20mg)は、
パーキンソン病におけるウェアリングオフ現象の改善の筈であるが、
オフ時の動きにくさは変わらないか、
または少し悪くなったような気がしないでもない。
ただし、幻覚や幻視がなくなってきたのはこの薬のお蔭だろう。
この副作用としては未だ体感していない。


一方、今までのミラペックスLA錠(1.5mg)は、
脳のドパミンD2受容体を刺激し、
パーキンソン病の症状(手のふるえ、筋肉のこわばり、動作が遅い、姿勢を保持できない)を改善するとなっており、
確かにその効果は体感している。
ただし、この副作用として、幻覚、幻視、便秘、傾眠(意識がぼんやりしてほとんど眠っている状態)、吐き気、めまい、起立性低血圧などを体感している。


現段階では、
幻覚や幻視以外はミラペックスLA錠の方がよさそうな感じがするが、
今勝手に判断するわけにはいかない。
もう少し様子を見よう。


今日の昼食は、
家内の大好物の牡蠣をベースにした
『牡蠣(広島産)フライ&ヒレカツ定食』を食した。
2人とも千切りキャベツとしじみ汁をおかわりした。
大変美味しかった。


しかし、ショッピング後、帰宅途中、
急に家内の右腕上腕部の痛みが酷くなり、
触っただけで痛いという状態になってしまった。
朝から何となく痛かったようだが、
殆ど気にならない痛さだった。
特別なことは何もしていない筈なのだが、・・・。


明日はジムでリハビリを受ける予定だが、
家内は、明日の朝の状態で受けるか判断すると言う。
入浴後、モーラステープを貼ろう。


神様、
畳みかけるような苦痛を与えないでください。

20180208  リハビリ記録(98)

今日は夜中のトイレが3回だったが、
幻覚は殆どなかった。


今日のリハビリは通常通り出来たようだが、
リハビリからの帰宅17時頃に薬が切れ始め、
私の帰宅18時にはソファに座って泣いていた。


どうやら、今日一日、何となく調子が悪かったようだ。
夕食後のミラペックスを止めたのが原因なのだろうか?
あるいは、新薬のノウリアスト錠の副作用なのだろうか?
いずれにしろ、もう少し様子を見よう。


最近、メンタル面でも少し弱くなってきたようだ。
明日、美味しいものでも食べに行って家内を元気付けよう。


長期目標:
  自身のことは自分でできる日常生活を送ることができる
短期目標:
  筋肉のこわばりが改善し家事などの日常動作がスムーズになる
  (横歩きに自信が持てる)
  (安全にトイレの使用ができる)
  (物を掴みあげる/しゃがむ/立ち上がり などの動作がスムーズにできる)
  (起立状態で後方に振り返ることができる)
具体的な援助計画
  軽い負荷のマシントレーニングで不活動筋に刺激を与え、日常動作の安定を図る


血圧・脈拍・体温:
  リハビリ前  123/71・53・37.0
  リハビリ後  151/91・55 
マシントレーニング:
  ローイング/姿勢改善、肩甲骨周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグプレス/起立・着席動作改善、足・膝・股関節周囲の安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  チェストプレス/体を支える動作、肩関節・胸郭の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  ヒップアブダクション/歩行安定性向上、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  トーソフレクション/起立・着席動作改善
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグエクステンション/起立・歩行安定、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (7.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
体操:       20分
太極拳:      15分
指先トレーニング:10分(掴む、書く等の機能の維持・向上)
個別機能訓練:  10分(全身バランス・持久力訓練・下腿訓練)

20180207 在宅・訪問リハビリ記録(52)

ここ数日間、夜中のトイレは1~2回で、
幻視は殆どなかった。


今日から薬が変わり、
理学療法士K氏来訪の14時までは、
比較的体調がよかったようだ。
K氏曰く、
立ち姿勢もよく、体が伸びていたとのこと。
写真を見ると確かに背筋が伸びている。


そのため、今日のリハビリは、
通常のメニューに、
足踏みや腕振り体操も追加する余裕があったようだ。


私の帰宅18時には、
テレビを観ていたが、
薬の効きが悪くなり、
動きも鈍くなっていた。


しかし、いつもの調子の悪さまでには至っていないので、
薬が効いていると思われる。
暫く期待しながら様子を見てみよう。


体温: 35.3度 (測定時間短い?)
血圧: 142/58mmHg
脈拍: 52/min.
SpO2: 99% (血中酸素濃度はOK)

20180206 家内の生活品質が少しでも高まって欲しい

今日も夜中のトイレは1回のみで、
若干の可愛い幻覚があったが、
比較的ぐっすりと眠れた。


今日は神経内科で診て貰った。
幻覚の副作用があるミラペックス(夕食後服用)を止めて、
ノウリアスト錠20mg(朝食後服用)に変わった。
それ以外の薬は同じ処方だった。
これで6週間、様子を見ることになった。


これで幻覚騒ぎが軽減される筈。
しかし、薬の持続時間がミラペックスのようには行かないらしい。


この薬の想定される副作用としては、
突発的な睡眠や睡眠発作、起立性低血圧、傾眠、めまい、意識消失等が現れることがあるらしい。
また、息切れや呼吸困難が発現した場合は主治医に連絡することになっている。


いずれにしろ、家内の生活品質が少しでも高まって欲しい。
私も楽になる。

20180205  リハビリ記録(97)

今日も夜中のトイレは1回のみで、
幻覚も殆どなく、比較的ぐっすり眠れた。


しかし、薬が切れると動きにくくなってきた。
明日の診察で薬はどのように変わるのか、期待したい。


今日のリハビリは通常通り出来たようだが、
リハビリからの帰宅17時頃に薬が切れ始め、
私の帰宅18時にはリビングのホットカーペットにうずくまっていた。
夕食を食べ終わった頃には少し調子を取り戻していた。


長期目標:
  自身のことは自分でできる日常生活を送ることができる
短期目標:
  筋肉のこわばりが改善し家事などの日常動作がスムーズになる
  (横歩きに自信が持てる)
  (安全にトイレの使用ができる)
  (物を掴みあげる/しゃがむ/立ち上がり などの動作がスムーズにできる)
  (起立状態で後方に振り返ることができる)
具体的な援助計画
  軽い負荷のマシントレーニングで不活動筋に刺激を与え、日常動作の安定を図る


血圧・脈拍・体温:
  リハビリ前  139/77・53・36.0
  リハビリ後  ①176/87・51 (最近、かなり高い)
            ②161/83・51
マシントレーニング:
  ローイング/姿勢改善、肩甲骨周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグプレス/起立・着席動作改善、足・膝・股関節周囲の安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  チェストプレス/体を支える動作、肩関節・胸郭の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  ヒップアブダクション/歩行安定性向上、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  トーソフレクション/起立・着席動作改善
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグエクステンション/起立・歩行安定、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (7.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
体操:       20分
太極拳:      15分
指先トレーニング:10分(掴む、書く等の機能の維持・向上)
個別機能訓練:  10分(全身バランス・持久力訓練・下腿訓練)