pdmk0830のブログ

妻のパーキンソン病との闘いと、その介護の日々の生活の記録

日記ブログを付けていて思うこと

当初、匿名ということで家内と私の闘病日記ブログを付けて行こうと思い立った時、
家内の病状や心理状態、家内の強みや弱み、私の感情の移り変わり等を赤裸々に綴っていこうと思ったが、
今のところ出来ていない。
やはり、ウェブブログとなるとそのようには行かない。
完全に自分専用であれば出来るのかもしれない。


そして、途中から、家内の病気との闘いに焦点をあてて、あとから振り返りが出来るようにして行くことにした。
すなわち、家内はこの病気を克服するかもしれないからだ。
というのは、
家内は今までに二度、私が “これは治すことが難しい病気だろうな” と思った病気を克服してきた。


その一つとは、
今から10数年前、左膝関節が痛くなり、近くのクリニックで水を抜いたり、湿布薬を貼ったりして堪え忍んでいたが、きちんと調べて貰うために某総合病院で診察を受けた。
その結果、内果骨壊死なので今すぐ人工関節にすべき という診断が下った。
家内は、自分でまだ歩けるのに人工関節なんておかしい と疑問を持ち、セカンドオピニオンを求めて探した。
そして、運命の某大学病院の有名なスポーツドクターを探し当て、家内が直接電話して受診した。
その結果、「誰が直ぐ人工関節を!なんて言ったのですか?」となり、
そのドクターからは、「人工関節にするほど悪くないですよ! 膝をカバーするためにも脚の筋肉を付けなさい。」ということで、家内はほぼ毎日のようにジムに通った。
そして、痛みも薄らいできて、今では全く問題なく、内果骨壊死と言われた箇所の色も薄くなり、ほぼ正常範囲になった。


もう一つは、
やはり、今から10数年前、家内の膣部で長く歩いたり立ったままでいたりすると、下腹部が痛くなり、ピンポン球のような大きさの固まりが顔を出すのである。
当初、病名も分からず私もこれは大変な病気だなと思ったが、家内は一人でいろいろと調べていた。
そしてある日、家内が新聞に載った日本医科大学病院の有名な医師の骨盤臓器脱という記事を目にし、「これだ!」ということで、直ぐ予約を入れ受診した。
その結果、これは手術で治ると言われて、躊躇せずに直ぐ手術を申し込んだ。
それから数ヶ月後に手術を受けた。
手術の当日は、私が単身赴任のため、手術には立ち会えず、娘だけが立ち会った。
そして、今では全く問題ない。


このように二度の大病を克服してきたのである。
このPDも克服しそうな気がしている。
難病と言われているが、密かにそう願っている。

“2階のドレッサーの部屋で着替え途中で動けず”

夜中の1時半頃、幻視もなくトイレに行ったが、
その後、ぐっすりと眠ることが出来た。


朝食後、薬を飲み、落ち着いてきたところで、
家内に聞いた。
「昨日のヘルパーさんの介護記録書に、
 “2階のドレッサーの部屋で着替え途中で動けず”
 とあるが、これは何だったの?」


家内は言った。
「実は、恥ずかしいことに、
 朝着たシャツを替えようとして、
 少しタイトなものにしたら、
 きつくてバンザイの状態になってしまい、
 腕が思うように動かず5分位奮闘していたところに、
 ヘルパーさんが来たのよ。」


「ヘルパーさんは、
 どうしたんですか? ずーっとその状態だったんですか?
 と聞いてきたけど、
 ヘルパーさんは、必死に笑いを堪えていたわ。
 あとで思うと、本当に変な格好だったんだ。」


私も思わず笑ってしまった。
家内も笑った。

リハビリ記録20171225PM(86)

夜中の1時半頃、トイレタイム。
そして家内の幻視が始まった。
寝室に若い女性がいて、腕に何かが埋め込まれていると言うのだ。
「お父さん、何ぼんやりしているの?早く助けてあげなさい!」
私が何も変わったことはないと言っても
「かわいそう!早く助けてあげて!」
いったい、家内にはどのように幻視が見えているのだろうか?


この騒動から始まり、
今度は3時頃にトイレ、そして30分後にまたトイレということで、
何回か付き合ってあげた。


今朝も寝不足で家内は、
「今日のリハビリは休むかもしれない。」
と言っていたが、昼のヘルパーさんにより調子を戻し、
結局はリハビリに行った。
一応、全てのマシントレーニングを出来たようだ。


私の帰宅時、リビングで蹲っていた。
やはり、疲れたようだ。
明日は何も予定がないので、ゆっくり、のんびりさせよう。


長期目標:
  自身のことは自分でできる日常生活を送ることができる
短期目標:
  筋肉のこわばりが改善し家事などの日常動作がスムーズになる
  (横歩きに自信が持てる)
  (安全にトイレの使用ができる)
  (物を掴みあげる/しゃがむ/立ち上がり などの動作がスムーズにできる)
  (起立状態で後方に振り返ることができる)
具体的な援助計画
  軽い負荷のマシントレーニングで不活動筋に刺激を与え、日常動作の安定を図る


血圧・脈拍・体温:
  リハビリ前  111/56・54・35.5
  リハビリ後  124/72・56・-


マシントレーニング:
  ローイング/姿勢改善、肩甲骨周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグプレス/起立・着席動作改善、足・膝・股関節周囲の安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  チェストプレス/体を支える動作、肩関節・胸郭の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  ヒップアブダクション/歩行安定性向上、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  トーソフレクション/起立・着席動作改善
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグエクステンション/起立・歩行安定、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (7.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
体操:      20分
太極拳:    15分
口腔体操:    5分
個別機能訓練: 15分


今日のジムでのIインストラクターによるリハビリは急遽中止 / 明日もこの調子で行きますように!

家内はIインストラクターによるリハビリがお気に入りだ。
今日も張り切ってジムに行った。
ところが、Iインストラクターが急用によりお休みとのこと。
家内はエアロビクスの支度をしてこなかったので、
マシントレーニングでもするのかな?と思っていたら、
イオンでショッピングをエンジョイ。
今度は30日(土)を予定している。


私は、コアとエアロビクスで脂肪燃焼をした。
やはり、きつい運動後の風呂&サウナは気持ちがいい。
我が家の体重計に乗ると肉体年齢が53歳と出る。
体重計は、お世辞を言っているのか、データベース上の正直値なのか?
きっと、正直に違いない!


帰宅後、家内は久し振りに花を植木鉢にアレンジした。
今日は若干固まるときもあったが、比較的調子がよかった。
明日もこの調子で行きますように!


今日の調子は昨日よりも若干悪かった

昨晩、家内は21時頃に入浴を済ませ、
あとは少し寛いで寝るだけだったが、
私は一仕事があり、23時頃までかかった。
寝るように言っても、家内は寝ずに私に付き合ったような格好だ。
家内を寝かせ、私は風呂に入り、24時前には床についた。


ところが、夜中の1時頃、家内のトイレコールタイム。
トイレを済ませ、また寝るものと思っていたら、
なんと明日のジムの支度を始めると言うのである。
やることが遅いということが強迫観念になっているのだろうか?
真夜中であること、まだまだ充分時間があることを言い、
寝かし付けた。
しかし、同じようなことが、1時45分、2時半、3時、4時、5時頃と続き、
結局、家内も私もかなりの寝不足状態だった。


しかし、家内はジムを休む気持ちはサラサラ無く、
朝食も普通に摂り、ジムへ行った。


今日のエアロビクスは、
祝日メニューのクリスマスバージョンで75分間。
皆さんハデハデのクリスマスバージョンスタイル。
家内は、寝不足のためかその用意を忘れてしまった。
悔しそうだった。


ちょっと栄養状態のいいあるレディさんもぬいぐるみのようなウェアを着て踊っていたが、まるで熊さんの踊り(失礼!)を見ているようで、スタジオ内は楽しい雰囲気で一杯だった。


二人のインストラクターによる中級クラスのエアロやズンバがあり、慣れていない振り付けが多かったので、家内と私は途中で退出した。
家内は寝不足にも関わらず、結構踊っていた。
唯、水分摂取用の飲むゼリーをロッカールームに忘れてしまい、
エアロ中、一番大切な水分がないという状態でやっていたので、
途中の退出となったとも言える。


家内が風呂に入り、
たまにシャワーの正しい使い方が出来ない場合があり、少しずつお湯が流れていることもあったが、
今日は、呼び出しチャイムが鳴ったので行ってみると、シャワーのお湯を出すのに蛇口レバーではなく、排水栓ボタンを押そうとしていた。
家内に
「そこを押すとお湯が全部無くなって私が入れなくなっちゃうんだけど・・・」
と言うと、
「ごめんね! 違うことを考えながらやっていたので間違えちゃった!」
と。
やはり、壊れてきているのだろうか?


今日の調子は昨日よりも悪かった。
明日はお気に入りインストラクターのリハビリ。
少しはよくなるかな?