pdmk0830のブログ

妻のパーキンソン病との闘いと、その介護の日々の生活の記録

20180105 代わりの治療法が出て来ることを期待したい

家内は、
夜中1時ちょっと前にトイレに1回起きたが、
その約30分後、
苦しいと言い始めた。
確かに体温が高そうだった。
暫く布団を剥ぎ、エアコンの設定温度を下げた。
そのうち、眠りについたが、
また約1時間後に「苦しい!救急車を呼んで!」となった。
一度立たせようとしたが、脇腹が痛いとかあちこちが痛いと言う。


今度は右枕から左枕にしてあげると、
今までの苦しい!という声が、すーっと収まり、
また眠りについた。


そして、朝5時半頃、家内は何の問題も無くトイレに起きることができた。
私は1時から浅い眠りの連続で、今日はかなり眠かった。


どうやら、薬の効果が切れてくる頃になると、
震えや苦しさが出て来るようだ。
朝食時も少し苦しそうだったが朝食を何とか済ませ、
薬を服用。
その約1時間半後、少しずつ調子が戻って来た。


今までの様子からすると、
薬服用後に調子が戻るのに必要な時間は1時間半、
調子の持続時間は、
朝食後約5時間、
昼食後約5~6時間、
夕食後約6時間、
と思われるが、確かに短くなっているような気がする。


いずれ持続時間が次第に短くなっていくことは想定内だが、
ここは、主治医に状況を正確に知らせ、指示に従うしか無い。


今日は薬服用後の調子のよい時間に買い物に出かけた。
レストランで昼食もとり薬を飲んだ。
娘に送る荷物に干し柿を入れるということで、
美味しそうな干し柿を売っている店に行って入手した。


今後、薬の効いている時間とその変化を
出来るだけ正確に調べ、
常用により効きが悪くなることを考慮に入れながら
服用して行く必要がありそうだ。
主治医にそのデータを提示しよう。


その間に代わりの治療法が出て来ることを期待したい。

20180104 リハビリ記録(88)

夜中のトイレは1回付き添ったが、
家内は他に1回、自分で行ったようである。
何故かと言うと、家内の枕の位置が反対側にあった。
朝方目を覚ましたときに、
いつもと様子が異なることに気付き、
「お父さん、何処にいるの? ここは何処なの?」
と、少しあわてた様子だった。


私を確認すると、
「お父さん、ごめんね。苦労をかけて。」
私に対する気遣いもあるようである。


このお正月はいつものペースが狂い、
家内の体調も芳しくない。


今日のリハビリも頑張って
マシンを全てやったが、
疲れがどっと来たようだ。
私の帰宅時、
家内はソファーに前屈みになって座っていた。


夕食の準備や後片付けなどの間に
お父さんコールが約10回もあった。
その度に家事が中断するので、
家内に、「少し我慢して!」と辛くあたってしまった。


しかし、ラジオで、「アンガーマネジメント」のお話しがあった。
・怒りがこみあげてきたら、6秒間待て!
・吐く息を吸うときの2倍で行え!
これで、冷静な気持ちになれるらしい。


家内の苦しみを和らげるためにも
私自身がゆったりした気持ちを家内に見せる必要がある。


長期目標:
  自身のことは自分でできる日常生活を送ることができる
短期目標:
  筋肉のこわばりが改善し家事などの日常動作がスムーズになる
  (横歩きに自信が持てる)
  (安全にトイレの使用ができる)
  (物を掴みあげる/しゃがむ/立ち上がり などの動作がスムーズにできる)
  (起立状態で後方に振り返ることができる)
具体的な援助計画
  軽い負荷のマシントレーニングで不活動筋に刺激を与え、日常動作の安定を図る


血圧・脈拍・体温:
  リハビリ前  125/63・51・36.4
  リハビリ後  174/80・51・-


マシントレーニング:
  ローイング/姿勢改善、肩甲骨周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグプレス/起立・着席動作改善、足・膝・股関節周囲の安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  チェストプレス/体を支える動作、肩関節・胸郭の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  ヒップアブダクション/歩行安定性向上、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  トーソフレクション/起立・着席動作改善
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグエクステンション/起立・歩行安定、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (7.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
体操:       20分
太極拳:      15分
指先トレーニング:10分(掴む、書く等の機能の維持・向上)
個別機能訓練:  10分(全身バランス・持久力訓練・下腿訓練)

20180103 箱根駅伝で、『工藤選手! ガンバレ!』 そして襷をつないだ瞬間、涙ぐんでいた

夜中のトイレは2回、付き添ってあげたが、
私は夫ではなく変なおじさんだった。
その間、寝室には女の人がいるようで、
家内はその女の人に話しかけていた。もちろん、応答はない。


何故なんだろう。MRIやCTでは全く異常がなく、血液検査もオールAなのに。


人間の感情や記憶、思考分析能力や判断能力、
好き嫌い等など、PDと大きく関係しているのだろうか?
薬の副作用で幻覚もあるが、
神経伝達物質に関係する脳に異常をきたしているのが要因だろうか?


朝食時、夜中の出来事を家内に聞くと、
「寝室に女の人なんている筈ないでしょ!
 でも、部屋の中が何となく荒らされているような感じがするのよ。」
と応えた。


朝食後、家内と一緒に箱根駅伝復路を見た。
家内は、7区で、駒澤大の工藤選手に熱烈な声援を送っていた。
今にも倒れそうな走り方にハラハラしながら、
「ガンバレ! ガンバレ!」
そして、最後まで走り抜いた瞬間、家内は大喜びだった。
まるで、息子への声援か、
自分自身の闘病への応援のようだった。
涙ぐんでいた。

20180102 みんなで食べる幸せを感じた

大晦日に娘家族が大阪から来てくれ、
今日2日早朝、大阪へ戻った。
(今日は婿殿の実家に婿殿の兄弟が集まる予定になっているため。)


昨日は、お酒を飲みながらお節料理、お雑煮を食べ、
みんなで食べる幸せを感じた。


特に、先月21日が私の誕生日だったが、
孫と婿殿が遅れ誕生日サプライズをしてくれた。
バースディケーキに歳の数だけローソクを立て、
『Happy birthday to you』を歌いながら
孫と一緒にローソクの火を消した。
このケーキは甘さ控え目で美味しかった。


家内は、
左へ傾き、前屈み状態で動作がスムーズではないが、
あまり固まることもなく過ごせた。
しかし、
孫の目には普通ではないことが分かるらしく、
ママ(娘)に聞いていた。
「オーマ(家内)は何の病気なの?」
孫も5歳になり、人の痛みが分かるのだろうか?
いや、まだ早いかな?
いや、孫はやさしいので分かると思う(ジジバカ?)。

20180101 家内は張り切った

大晦日に娘家族が上京し、一緒に過ごした。
大晦日に、5歳になるに孫の元気エネルギーが家内を元気付けてくれた。
そして、孫は23時、家内は23時半頃、私は0時半頃に寝た。


今朝は、夜中のトイレ2回で、
5時半過ぎに家内が起きたいということで起床。
最初、私のことが変なおじさんに見えたようで、
なんか、説教された。
まもなく正気に戻り、着替えた。


睡眠不足もあるので、
お雑煮は家内に聞きながら私が作るつもりでいた(娘が寝たのはおそらく2時頃なので)。
しかし、家内は張り切った。
私は家内が調理しやすいようにお膳立てをし、
家内が手際よく作り上げた。
途中、娘が起きてきてお餅を焼いたりして仕上げた。
やはり、私にはお雑煮作りは未だ無理なようである。
家内は本調子ではないながらも手際よい。


孫始め、みんなが美味しいということで、家内も満足そうだった。


食事後、娘家族は初詣でに成田山新勝寺に行った。
家内は無理なので、私と留守番。


今日は家内から、外出したいという声は聞かれなかった。
睡眠不足もあり、張り切って疲れたのかな?