pdmk0830のブログ

妻のパーキンソン病との闘いと、その介護の日々の生活の記録

20180122 リハビリ記録(93) 寝室に若い女性?

夜中のトイレは2回付き添ったが、
寝室に若い女性がいるという幻視があった。
実際に見えているのではなく、いるらしいという感じのようだ。
何故、寝室に若い女性なのだろう?


今日のリハビリは普通の体調で出来たようだが、
帰宅時間近くに調子が悪くなったとのこと。
血圧も1回目182/95と高かった。


今日の大雪警報で、
午後3時に会社を出て、4時過ぎに家に着いた。
家内はリハビリから午後5時15分頃帰宅した。
雪が若干積もっていたので、
駐車場から転ばないように細心の注意を払った。


やはり、薬が切れる頃になると、
顕著に体の自由が効かなくなるようになった。
薬服用時刻と効く時刻、効きが切れる時刻の情報を主治医に伝え、
次回の診察で薬の見直しをする予定だ。


長期目標:
  自身のことは自分でできる日常生活を送ることができる
短期目標:
  筋肉のこわばりが改善し家事などの日常動作がスムーズになる
  (横歩きに自信が持てる)
  (安全にトイレの使用ができる)
  (物を掴みあげる/しゃがむ/立ち上がり などの動作がスムーズにできる)
  (起立状態で後方に振り返ることができる)
具体的な援助計画
  軽い負荷のマシントレーニングで不活動筋に刺激を与え、日常動作の安定を図る


血圧・脈拍・体温:
  リハビリ前  123/60・52・36.9
  リハビリ後    ①182/95・49・- (かなり調子が悪かったようだ)
           ②145/74・58・-


マシントレーニング:
  ローイング/姿勢改善、肩甲骨周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグプレス/起立・着席動作改善、足・膝・股関節周囲の安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  チェストプレス/体を支える動作、肩関節・胸郭の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  ヒップアブダクション/歩行安定性向上、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  トーソフレクション/起立・着席動作改善
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグエクステンション/起立・歩行安定、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (7.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
体操:       20分
太極拳:      15分
指先トレーニング:10分(掴む、書く等の機能の維持・向上)
個別機能訓練:  10分(全身バランス・持久力訓練・下腿訓練)