pdmk0830のブログ

妻のパーキンソン病との闘いと、その介護の日々の生活の記録

20180204 可能な範囲でやりたいことをやるしかないのだが・・・

今日は夜中のトイレ1回のみで、
幻覚騒ぎもなかった。
また足取りも軽く、
姿勢もよかった。


今日のYインストラクターによるエアロビクスも、
45分間、前後左右によく動いていた。
ジムの仲間からも、
「姿勢が随分よくなったわね。」
と言われ、嬉しかったようだ。


しかし、薬が切れると動きが悪くなる。
この落差が大きくなったような感じがする。
薬漬けで得られる生活品質が変わらなければいいのだが、
いずれは薬が効かなくなる。


家内にとって、どのような生活スタイルがいいのだろうか?
いずれにしろ、
病気を受入れ、
可能な範囲でやりたいことをやるしかないのだが・・・

20180203  次の処方箋で改善されることを期待したい

今日は夜中のトイレと共に幻覚があった。
寝室にいろいろな人がいるようだ。
私をおじさん呼ばわりし、
いろいろなことをお願いして来る。
寝たふりをしていると、
私の羽毛布団を剥いでお願いして来る。
これらの幻覚を家内ははっきりとは覚えていない。


服用中の薬:ミラペックスLA錠(プラミペキソールLA錠)の副作用として、
・幻覚
・妄想
・衝動性制御障害
・意識が混乱したり、うすれる
・38℃以上の発熱
・筋肉がこわばる
などがリストアップされているが、
家内に当てはまるのは、
幻覚 /妄想 / 筋肉がこわばる
などだ。


来週の診察でこの薬を減量しながら他の薬を処方するようなので、
期待したい。


今日は、
ジムでのAインストラクターによるエアロビクスを受け、
家内はいつも通り無事に楽しめた。
その中で、
足のつま先で床をトントンと叩き、
左右につま先を動かす動作
を最近はすることが出来るようになっていた。
去年は出来なかった。


試しにウェストのシェイプアップ運動器をやらせてみたら、
ツイスト運動も出来るようになっていた。
このツイスト運動も去年は出来なかった。

ただ、ウェアリングオフ現象が出て来てしまった。
来週の診察で改善される方向にあることを期待したい。

20180202 家内(女の人)は身だしなみを整えるといい気分になれるようだ

夜中のトイレタイムがあったが、
幻視騒ぎもなく起きることが出来た。


今日は雪が降ったが、
道路に積もることもなく、
年に1回の眉の手入れ(入れ墨のようなもの)に行きたいと言うので送ってあげた。
この友達とは20年来の付き合いで、眉毛の手入れも約20年になる。
眉の手入れ技術はニューヨークで習得したそうだ。


仰向けで約1時間、眉を整え、
家内も気分がよかったのか、震えもなくすっきりとした顔をしていた。
そして、猫背の姿勢もかなり良くなっていた。


家内(女の人)は身だしなみを整えるといい気分になれるようだ。

20180201  リハビリ記録(96)/ 今日の幻覚騒ぎ

昨日の美容院行きで疲れが出たのか、
夜中にトイレ以外にも何度か目を覚まし、
幻覚騒ぎがあった。


今回の幻覚は、
トイレに行くと言うので、
トイレまで誘導し、
便座に座ろうとするも、突然、
「私じゃないの。あの女性がしたいのよ。」
と言い、
寝室に戻り、寝た。
しかし、数分後、またトイレに行くと言うので付き添い、
やっと用を足すことが出来た。
この間、家内は、私の言うことを全く聞かず、
私の手を振り払うようにしながら動いた。
この時、私もいい加減ウンザリしたが、
腹を立ててはいけないと抑えた。
今後、このような繰り返しがあることを覚悟しておかなければいけない。


この騒ぎで通所リハビリに行けない虞もあったので、
会社を休んだ。


起床してからは、ゆったりと過ごすようにしたので、
何とか落ち着きを取り戻し、
ヘルパーさんが来て、
通所リハビリに行くことが出来た。


通所リハビリでは調子がよかったようだ。


夕食はカレーを食べたいとの要望に応えて、
レトルトカレーを用意した。
家内は美味しいと言ってくれた。


長期目標:
  自身のことは自分でできる日常生活を送ることができる
短期目標:
  筋肉のこわばりが改善し家事などの日常動作がスムーズになる
  (横歩きに自信が持てる)
  (安全にトイレの使用ができる)
  (物を掴みあげる/しゃがむ/立ち上がり などの動作がスムーズにできる)
  (起立状態で後方に振り返ることができる)
具体的な援助計画
  軽い負荷のマシントレーニングで不活動筋に刺激を与え、日常動作の安定を図る


血圧・脈拍・体温:
  リハビリ前  132/67・52・37.1
  リハビリ後  176/87・49 (かなり高い。注意しなければ。)


マシントレーニング:
  ローイング/姿勢改善、肩甲骨周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグプレス/起立・着席動作改善、足・膝・股関節周囲の安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  チェストプレス/体を支える動作、肩関節・胸郭の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  ヒップアブダクション/歩行安定性向上、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  トーソフレクション/起立・着席動作改善
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグエクステンション/起立・歩行安定、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (7.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
体操:       20分
太極拳:      15分
指先トレーニング: 10分(掴む、書く等の機能の維持・向上)
個別機能訓練:      10分(全身バランス・持久力訓練・下腿訓練)

20180131 在宅・訪問リハビリ記録(51)

夜中のトイレは2回で、幻視はなかったようだ。


今日の訪問リハビリは、
いつもより1時間早くなったが、
家内は体調が悪い(実は便秘)とのことで、
理学療法士さんによるストレッチなどはなく、
動きチェックのみになってしまった。


その後、薬の効果も出始め、
動きも良くなって来たとのこと。


理学療法士さんが帰った後、
家内はいつもの親友の美容院ではなく、
別の美容院に行った。
違うカットも試したかったようだ。


感心したのは、約1kmの美容院まで1人で歩いて行ったということだ。
今の家内は1人での外出は無理だと思っていたので、
家内から聞いてびっくりした。


確かに美容院から帰宅後はかなり疲れていたようだった。
私の帰宅後、夕食が済んだ頃は家内も元気を取り戻した。
便秘(2日間)もイチジク浣腸で即解決。


体温:36.6度
血圧:158/82mmHg
脈拍:52/min.
SpO2:98%