pdmk0830のブログ

妻のパーキンソン病との闘いと、その介護の日々の生活の記録

20180617 脳内出血で倒れた友人のSさんが後遺症も残らず退院!!

昨晩もいつも通りに入浴し、
疲れていたためか、
二人とも22時頃には寝た。


トイレタイムも2時頃と4時半頃の2回で、
起床6時。
静かな朝を迎えることが出来た。


今日もジムに行き、
私は最初、グループコアでKインストラクターに絞られ、
次に家内と一緒にYインストラクターのエアロビを受けた。
家内は45分間、途中退場することもなく、頑張った。
友達からも、姿勢が良くなった!とか、元気になったね!とか、言われ、
嬉しそうだった。


帰宅後、薬効が切れてふるえが出て来たが、
昼食後の服薬後、落ち着いてから、
脳内出血で倒れた友人のSさんが、
リハビリ病院から退院してきたという知らせを聞いたのでお宅にお伺いした。
Sさんご夫妻と私共夫婦は、20数年来の付き合いで、
家内もいろいろとお世話になっている。


このSさんは、今年の2月の大雪で雪かきをし、
家に入った時に気持ち悪くなって倒れたが、
奥さんは丁度外出中で、救急病院に入れたのは3時間過ぎ後だったとのこと。
しかも、脳内出血だったが、医師の判断で手術したのは2日後だったらしい。
私と家内は、手術が終わって2日後にお見舞いに行ったが、
昏睡状態で管も一杯繋がれていた。
手術は成功し、峠を越したということだったので一安心し、
奥様を励ましてあげた。


その後、意識を取り戻して体を動かせるようになり、
リハビリ病院に移ってリハビリをし、
後遺症も殆ど残らず、
今日、退院出来るまでに回復した。


今日、お目にかかったら以前と同じような状態まで戻っていた。
奥様も本当に嬉しそうだった。
一時は、半身不随になってしまうのでは、と心配したが、
本当によかった。
家内も涙を浮かべながら奥様の手を握っていた。


奥様は、冗談で、遺影用の写真を用意していたとのことで、
複数枚の写真を見せられたが、Sさんはニコニコしていた。


Sさんの回復振りを見て、
家内はかなり勇気づけられたようだった。

20180616 何で、あんたの一言で俺が右往左往しなけりゃいけないんだ?

昨晩もいつも通りに入浴したが、
家内は暫く寝ようとはせずに、
化粧台に座ったり、
リビングに行って何かガサゴソ。
私は22時には寝ようと思ったが、
結局、23時までノンビリしていた。


ぐっすり眠ってくれるだろうと期待していたが、
最初のトイレタイムが2時頃、
次が4時頃。
そこから例の騒動が始まった。


2ndトイレの後、20分位してから、次は
「水を飲みたい!」
水素水ボトルを持って来て飲ませると10分後位に、
「暑い!」
暑いというよりは寒い位なのに、
エアコンの温度を24℃に。
数分後、今度は、
「寒い!」
当然だ。
25℃に戻し、自然風に。
そうしたら、またトイレタイム。
次が水。
そして、トイレ、水、・・・


また寝不足だ。
ところが、家内は眠くないと言う。


朝食時、朝方の家内イベントで寝不足!と言ったところ、
自分の行動も可笑しかったと見えて、
笑いながら、
「お父さん、ゴメンね。」
そこで、私は、
「何で、あんたの一言で俺が右往左往しなけりゃいけないんだ?」
家内は、
「愛があるからよ!」
だと。


今日のジムでは、
Aインストラクターのエアロビを受けたが、
家内は45分間、キチンとやっていた。
やはり疲れた様子はなく、
家内は意外と体力がある方だ。


しかし、帰宅後、薬効が切れてきてふるえが出て、
「お父さん!何とかして!」
昼食後の服薬で、また元通りになった。


この「元通り」にならない状態がいつ来るのだろうか?
どのような心構えが必要なのだろう?

20180615 在宅・訪問リハビリ記録(74) / 自ずと、その本音も楽に受入れることが出来てくる

昨晩と同様のタイミングで入浴し、
二人とも22時過ぎに就寝。
起床6時で、睡眠時間は約7時間強。
まあ、よしとしよう。


最近、浴槽に入る時に跨ぐのが不安になって来たようだ。
浴槽から出るのは難なく出来ているのに・・・。


これからは、
今まで出来ていたことが少しずつ出来にくくなってくるだろうし、
一緒に生活していると、
介護の心構えが、
次第に自ずと出来てくる感じがする。
(家内に「出来る筈だ!」と無理強いすることがなくなり、
 受入れることが出来るようになってきた。)


介護していて感じたことは、
長年連れ添った夫婦は、
口喧嘩しようが、大喧嘩しようが、回復が速い。(と思う。)
また、いつも笑顔での介護は無理だ。
お互いに口喧嘩しても仲直りしながら、
介護するのが合っていると思う。
そうすると家内も変な遠慮をすることなく、
本音で対応してくる。
家内のつらさを日々見ていると、
自ずと、
その本音も楽に受入れることが出来てくる。(と思う。)


今日は理学療法士Nさんの代理Kさんによる訪問リハビリ。
今日のリハビリも、
いつものストレッチを行った後、
背中や腕伸ばし運動も兼ねて、
台所の
シンク側の照明のスイッチON/OFF
換気扇のスイッチON/OFF
つり戸棚の上げ下ろし、
等を実施。
体の左への傾きが若干よくなり、
左手バンザイも伸びていた。
今後、股関節伸ばしと
ステップでのバランス系の練習を続けていく予定。


体温: 36.3度
血圧: 140/71mmHg
脈拍: 50/min. 
SpO2: 97%

20180615 コロッケさんのトーク、やはり面白い!

午後、ラウンジでの休憩後、
家内のショッピングのお供をし(下着売り場)、
その途中で、
賑わっている1階の広場の方に行ってみた。


コロッケさんのトークショーが催されていた。


やはり、コロッケさんのトークは面白い。


コロッケさんのような一流の芸人なら、
市民文化会館でも大入りなんだろうに・・・
と思ったが、
ここでも大賑わいだった。
お陰様で、帰り、
駐車場から脱出するのに30分以上もかかってしまった。

20180614  通所リハビリ記録(133)

家内は、昨晩も夕食後の服薬後、落ち着いてから入浴。
私も直ぐその後に入浴。
そして、私も一緒に22時頃には寝た。


やはり、お互いに寝不足のため直ぐ眠ったようだ。
最初のトイレコールが2時頃で、
その後が4時半だった。
幻視や独り言もなく穏やかだった。
5時半起床だったので、
二人とも7時間位の睡眠時間。
もう少し寝たいところだが、
まあいいだろう。


朝食を食べ、
薬を飲ませて落ち着いたところで私は出社した。


今日の家内のデイケアのお迎えは9時。
今日のリハビリは、集団体操の他、
レッドコード、油圧マシン①~⑤、歩行訓練を実施。
昼食は、主食と副食が90%、汁物が10%だった。
食べたいが、手がふるえて食べにくかったようだ。


今日もお風呂を止めてマシンの方にウェイトを置いた。
施設での水素水は約500cc飲んだ。
スタッフの方々が、こまめに家内に飲ませてくれたようだ。
家での分も合わせると1000cc程度は飲んだことになる。


家内はデイケアからの帰宅が16時半頃。
私の会社からの帰宅が18時。
家内は一応、マットの上に横になっていた。
ある程度は楽だということを感じたようだ。


体温:   ①36.7℃ 
血圧:   ①154/70mmHg
脈拍:   ①51回/分


明日は理学療法士Kさんによる訪問リハビリだ。
さあ、今晩も早めに寝よう。