pdmk0830のブログ

妻のパーキンソン病との闘いと、その介護の日々の生活の記録

20180426 通所リハビリ記録(119) / PDと闘いながらも海外旅行に行ける楽しみを見つけて欲しい

最初のトイレコールは3時過ぎで、
その後、朝まで眠れた。
この時は嬉しくなる。


5時半起床。
いつも通りに朝食を済ませ服薬。
家内の大丈夫そうな様子を確認し、
私は7時半頃、会社に向かった。


今日も足取りも軽く、5台のマシンをこなし、
個別機能訓練でも足があがっていたようだ。


私の帰宅時、
トイレで少し固まっていたが、
仰向けに寝かせると5分位で落ち着いた。


長期目標:
  自身のことは自分でできる日常生活を送ることができる
短期目標:
  筋肉のこわばりが改善し家事などの日常動作がスムーズになる
  (横歩きに自信が持てる)
  (安全にトイレの使用ができる)
  (物を掴みあげる/しゃがむ/立ち上がり などの動作がスムーズにできる)
  (起立状態で後方に振り返ることができる)
具体的な援助計画
  軽い負荷のマシントレーニングで不活動筋に刺激を与え、日常動作の安定を図る


血圧・脈拍・体温:
  リハビリ前  ①108/71・51・36.8
  リハビリ後  ①139/77・57


マシントレーニング:
  ローイング/姿勢改善、肩甲骨周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグプレス/起立・着席動作改善、足・膝・股関節周囲の安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  チェストプレス/体を支える動作、肩関節・胸郭の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  ヒップアブダクション/歩行安定性向上、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  トーソフレクション/起立・着席動作改善
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグエクステンション/起立・歩行安定、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (7.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)


体操:         20分
太極拳: 15分
指先トレーニング: 10分(掴む、書く等の機能の維持・向上)
個別機能訓練:   10分(全身バランス・持久力訓練・下腿訓練)



今まで、通所リハビリを休んだのは3回位で、よく頑張って続けて来られた。
スタッフの皆さんにもかなりお世話になった。有り難うございます。


来月からは、近所のリハビリセンターに行く予定になっている。
今度の施設では、年に3回の旅行(海外旅行もあり)があるので、それに参加出来るような体力を取り戻そう。
家内に是非ともリハビリを楽しんでもらいたい。
そして、PDと闘いながらも海外旅行に行ける楽しみを見つけて欲しい。

20180425 在宅・訪問リハビリ記録(63)

昨晩は22時半頃に寝たが、
最初のトイレコールが1時半頃。


今日はここからが大変だった。
脚がだるいということはなかったが、
トイレコールと水飲みと独り言が交互にあり、
ウトウトしながらも朝まで続いてしまった。


主治医に脱水症状は命に関わると言われ、
積極的に水を飲んだ(つもりだった)。
そして、
水を飲むとトイレが近くなるという強迫観念が生まれ、
このような朝を迎えてしまった。


こちらもいい加減にして欲しかったが、
やはり本人にとっては重要な問題だ。
あまり、脅かすような言い方はしない方がよい。


今日のリハビリは、
Kさんの他に新しい理学療法士も見えたとのこと。
いつものストレッチを行った後、
腰伸ばし運動を実施。
これはかなり良くなってきたとのこと。


また、アキレス腱伸ばしの姿勢で股関節のストレッチ運動を実施。
体の左右の崩れは中心に目印を付けて、
左右対称のバンザイ体操(壁伝い)で体のストレッチを実施


今日の訪問リハビリで、
適度の疲れがありそうだ。


体温: 36.2度 
血圧: 119/52mmHg
脈拍: 55/min. (ビソプロ錠2.5mgを朝1⇒0.5錠に変更)
SpO2: 97%

20180424 神経内科の受診結果 / You only live once! Gotta have fun! / PDは気持ちの持ち方にも大いに関係あると実感

今日も最初のトイレコールが3時半頃で、
トイレはこれ1回のみ。
また直ぐに穏やかに眠りに入った。
私も非常に楽だった。


今日の受診は11時40分の予定だったので、
朝食後の服薬は8時。
一応13時頃まで薬効がある筈なので、
受診後、昼食を食べて帰宅した。


さて、受診結果は、
真っ先に言われたのが、
「脱水症状気味!ですよ。」
血圧が上72mmHg、
体温が37.1度、
熱が籠っている、
前回の血液検査結果でも脱水症状気味。
この傾向では、
「意識もはっきりせず、幻覚も出て来やすいですよ!
 PDでは特に命に関わりますよ!」
と、念を押された。


今回も血液検査を実施した結果、
夕方、看護師さんから電話があり、
「脱水気味なので積極的にお水を!」と。


また、現在の病状からは、薬は今までと同じでよく、
薬を変えるのは(増やすのは)まだ早いとのことだった。
サポートで苦しみを可能な限り緩和し、
薬をできるだけ増やさないでもいい状態にしましょうと言われた。


さあ、これから暑くなるぞ。
家内の水飲みで、
今まで以上に五月蠅いオヤジにならなければいけないな。


でも、今日もまた主治医から、
「PDでは特に命に関わりますよ!」
というお話しも聞いているので、
少しは変わったかな。


今日、家内は調子がよく、夕食後、
親友のBさんに電話をかけ、
1時間程、喋っていた。
その間、脚もだるくならず、気持ちも悪くならなかった。
PDは気持ちの持ち方にも大いに関係あると実感している。
      You only live once! Gotta have fun!

20180423 通所リハビリ記録(118)

最初のトイレコールは2時過ぎだった。
いつもの独り言が始まったが、
また直ぐ眠りに入った。


6時起床。
いつも通りに朝食を済ませ服薬。
家内の大丈夫そうな様子を確認し、
私は8時ちょっと前に出掛けた。
この時間帯の東西線は異常な混み合いだ。
やはり、もう少し早く家を出た方がよさそうだ。


今日も足取りも軽く、5台のマシンをこなし、
個別機能訓練でも足があがっていたようだ。


私の帰宅時、
トイレのドアの前で少し固まっていた。が、
仰向けに寝かせると5分位で落ち着いた。


明日は神経内科の受診日だ。
診察は11時40分なので薬が切れてくる頃になる。
朝食を遅めにし、服薬を遅めにして、
薬効の持続時間を後ろにシフトさせよう。


長期目標:
  自身のことは自分でできる日常生活を送ることができる
短期目標:
  筋肉のこわばりが改善し家事などの日常動作がスムーズになる
  (横歩きに自信が持てる)
  (安全にトイレの使用ができる)
  (物を掴みあげる/しゃがむ/立ち上がり などの動作がスムーズにできる)
  (起立状態で後方に振り返ることができる)
具体的な援助計画
  軽い負荷のマシントレーニングで不活動筋に刺激を与え、日常動作の安定を図る


血圧・脈拍・体温:
  リハビリ前  ①114/69・56・36.9
  リハビリ後  ①138/82・50


マシントレーニング:
  ローイング/姿勢改善、肩甲骨周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグプレス/起立・着席動作改善、足・膝・股関節周囲の安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  チェストプレス/体を支える動作、肩関節・胸郭の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  ヒップアブダクション/歩行安定性向上、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  トーソフレクション/起立・着席動作改善
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグエクステンション/起立・歩行安定、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (7.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)


体操:         20分
太極拳: 15分
指先トレーニング: 10分(掴む、書く等の機能の維持・向上)
個別機能訓練:   10分(全身バランス・持久力訓練・下腿訓練)