pdmk0830のブログ

妻のパーキンソン病との闘いと、その介護の日々の生活の記録

在宅・訪問リハビリ記録20170823PM(29)

日々の体操の積み重ねが大切。
・左肩下がり対策として左手を高く上げる体操を実施。
・首周りも硬いため左右向き体操を実施。
・背中伸ばし体操を実施。これはよく伸びている。
・仰向けのストレッチ。
・うつ伏せの背中伸ばし。
・椅子に座っての首あげ。
・シンクに掴まっての腰伸ばし。
・ソファーの真ん中に座って鏡を見ての姿勢整え。
・立って鏡を見ての姿勢整え。


体温:37.1度
血圧:110/64mmHg
脈拍:60/min.
SpO2:97%

家内が便秘に・・・ / 解決!

家内の体は水不足。
その結果、熱が籠り37度台が多い。
薬の効きもよくない。


私が四六時中ついていて、「水を飲んで!」と言えればよいが、
そうは行かない。


そして、気が付いてみると、家内は3日間便秘状態。
薬局で薬剤師さんに聞いてみた。
家内はパーキンソン病の薬を飲んでいるので、
注意が必要とのこと。


その結果、胃の中に薬を入れない浣腸方式を勧められた。


家で、家内が生まれて初めての浣腸を行った結果、
何と、3日間悩んでいた便秘がスルッ!と短時間で解決!
こんなに効き目があるとは思わなかった。


そして、夕食はたっぷりと食べた。


しかし、今日は寝不足だ。
夕べ1時半頃に起こされ、それ以降、殆ど寝ていない状態。
今日は早く寝るぞ!

リハビリ記録20170821PM(55)

今日は少し調子が悪かったようだ。
リハビリを休もうと思ったようだが、頑張って行った。
リハビリ施設へ行けば専門家がいるので何とかなる。


体温が37.4度もあり、熱が籠っている。
やはり、水分が足りない。
家内は人に言われないと自分から進んで飲むことが少ない。
リハビリ施設では水分摂取を強力に進めてくれるので安心だ。


家内の口から弱気発言が出て来るようになった。
これは私の前だけで、友達には元気に振る舞っている。
辛いことは分かるので、
辛さを上回るような楽しみを作り出さなくては・・・


長期目標:
  自身のことは自分でできる日常生活を送ることができる
短期目標:
  筋肉のこわばりが改善し家事などの日常動作がスムーズになる
  (横歩きに自信が持てる)
  (安全にトイレの使用ができる)
  (物を掴みあげる/しゃがむ/立ち上がり などの動作がスムーズにできる)
  (起立状態で後方に振り返ることができる)
具体的な援助計画
  軽い負荷のマシントレーニングで不活動筋に刺激を与え、日常動作の安定を図る


血圧・脈拍・体温:
  リハビリ前100/46・60・37.4
     (熱が籠っている : 脱水症状)
  リハビリ後157/71・53・-


マシントレーニング:
  ローイング/姿勢改善、肩甲骨周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグプレス/起立・着席動作改善、足・膝・股関節周囲の安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  チェストプレス/体を支える動作、肩関節・胸郭の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  ヒップアブダクション/歩行安定性向上、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  トーソフレクション/起立・着席動作改善
    (2.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
  レッグエクステンション/起立・歩行安定、股関節周囲の可動性と安定性向上
    (7.5kg 1m 1往復 1~3S 20回)
体操:    20分
太極拳:   15分
口腔体操:  5分

東西線全線で運転見合わせ状態

最近は休暇を結構頂いているので、仕事が溜まっている。

今日は月曜日、

今日は挽回するぞ!

と、意気込んでいたら、茅場町駅での人身事故で東西線全線で運転見合わせとなっている。

運転再開は7時40分頃、・・・待とう。


人身事故・・・、

この人は朝食を食べたのだろうか?

「行ってまいります!」と言って家を出たのだろうか?

家族は?

この人の生活環境はどうだったのだろうか?

・・・

あれやこれやと頭をよぎる。

今日もジムでエアロ / 友達と会ってお話しするのはいいことのようだ

今日もジムでエアロ / 友達と会ってお話しするのはいいことのようだ。
家内は、昨日に続き今日も、
私の仲間に囲まれるようにしてYインストラクターのエアロビクスを受けた。
45分間、一応、前後左右、音楽に合わせて小さなストロークながら、
動いていた。


家内は、水分を摂るようにと言っても
スタジオ内で飲んだのは100cc程度なので、脱水症状気味。
終了後、スタジオからロッカールームに行く途中、
いろんな人に声をかけられてお話しをしたりして、
あっという間に時間が過ぎ、
ロビーで待っていても、なかなか現れない。


家内は、お話しの時間も長い。
でも、友達と会ってお話しするのはいいことのようだ。
笑顔が見られる。